トップページ > メディア掲載情報

メディア掲載情報

「eスポーツ」実業団創設

「eスポーツ」実業団創設

日刊工業新聞 2018年07月18日

「eスポーツ」実業団創設 三笠製作所 優秀なソフト人材確保
【名古屋】三笠製作所(愛知県扶桑町、石田繁樹社長、0587・91・3661)は、2018年度内にゲーム対戦競技「eスポーツ」に参入する。年間800万円の予算をつけ実業団を立ち上げ、10月をめどに所属選手として3人を新規雇用する。対象はソフトウエア技術者など。同社は制御盤の設計・製造が主力。世界規模で注目されるeスポーツを通して優秀な人材を確保し、会社の持続的成長につなげる。

3年で黒字化狙う
選手は通常業務をしながらeスポーツのトレーニングも行う。11月以降に大会への出場を目指す。19年夏までに選手を2人追加する予定。
三笠製作所は今後、制御盤だけでなく、機械やロボットなどを対象とした制御分野に事業領域を拡大したい考え。ただ現時点ではそれに必要なソフトウエア技術者が不足しているため、eスポーツを通じて人材の確保・育成を図る。
eスポーツチームには大会賞金やスポンサー契約のほか、当面はそうした新規分野の業務による収入をメーンとし、立ち上げ3年での黒字化を目指す。
eスポーツは8月にインドネシアで開かれるアジア競技大会で参考種目となっており、22年に中国で開かれる同大会では正式種目となる予定。また五輪種目への採用も検討されるなど、世界的に盛り上がりをみせている。
 同社は一般ゲームの大会に参戦しながら将来は、巨大ロボット同士が遠隔操作により格闘する競技のeスポーツ化もにらんでいるという。eスポーツ化に向けた議論が進んでいるとして、石田社長は「巨大ロボットを動かす技術を習得できればほかの事業にも応用できる」と期待を寄せる。

ご相談はこちらから

  • 採用情報はこちら
  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 制御盤世界カンファレンス
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  川崎会場

    日時:2018年8月30日(木)
    場所:川崎市産業振興会館4F 
        C展示場
        神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
    JR「川崎駅」より徒歩8分

    【午前の部】<第1部>11:00~12:30
    (受付開始 10:30~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:20~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆CEマーキングの必要性・対応フロー・訴訟リスクと賠償事例
    ~各指令の概要・複数の事例を交えて~

     講師:八橋
         (セールス部 セクションチーフ)
          竹内
         (セールス部 エンジニアリング部)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応の実現
     海外の規格・標準化に対応するための部品・CAD
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:八橋・橋本・竹内

    <16:45~>

    ◆技術相談会(事前予約制)
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK