トップページ > プレスリリース

プレスリリース

 業界初【制御盤世界カンファレンス】開催決定!

報道関係者各位
プレスリリース

2015年8月4日
株式会社 三笠製作所

業界初【制御盤世界カンファレンス】開催決定!
~欧州・北米から制御盤の技術者が来日します~


制御盤設計・製造、UL508Aの認定工場である民間中小企業の㈱三笠製作所(本社:愛知県犬山市 代表:石田繁樹 資本金:1000 万円)がこのたび、業界初【制御盤世界カンファレンス】を10/13・15に開催することとなりました。 このカンファレンスでは、ドイツ、イタリア、アメリカから制御盤業界の技術者たちが来日し、制御盤業界の海外事情 や最先端技術、将来像などを語りつくすとともに、海外制御メーカーも多数スピーカー兼出展企業として参加します。 技術者のスピーチと展示ブースの出展で、さまざまな海外制御事情・制御業界の将来像を日本国内に発信します。


1.開催の目的

現在から近い将来にかけて、国外出荷する機械制御装置も仕向地の法令を遵守していくことが当たり前に なります。しかし、現在殆どの国内メーカーが対応できていないのが現状です。法令遵守していくためにも、日本 の機械装置メーカーに電機制御に関する世界標準規格(UL・CEなど)を正しく理解していただく事が重要になり ます。その世界標準規格を理解するきっかけとしてUL508Aの認定工場であり、北米・欧州に多数業務提携先を 持つ三笠製作所は、業務提携先のドイツ、イタリア、アメリカの制御盤メーカーの技術者を日本に招集し、 【制御盤世界カンファレンス】の開催を決定しました。各国の機械装置・電機制御の現状や、今後の制御業界の 動きやIOTやインダストリアル4.0、また日本企業に期待する海外のニーズなどの情報を入手していただき、法令を遵守する為の知識をを学ぶとともに、将来の企業戦略の策定などに役立ててもらうことを目的としております。


2.参加のメリット
・ 機械制御装置の仕向地の法令が学べる。
・ 機械制御装置の世界標準規格が学べる。
・ 欧州・北米の制御盤メーカーの技術者の生の声が聞ける。
・ 制御盤の今と近い将来の世界トレンドを知る事ができる。
・ UL・CEなどの制御盤の世界標準規格を学べる。
・ 制御の視点から機械装置の販路拡大の際に重要な要点が学べる。
・ 海外企業が日本の機械装置メーカーに求めている事が分かる。
・ 今後の海外への新たな営業戦略を立案・策定するきっかけが掴める。
・ IOTやインダストリアル4.0とは何かを学べる。
・ 海外の制御メーカーの最新情報のスピーチが聞け、会場内併設ミニ展示ブースの見学ができる。



3.カンファレンス概要

開催日時・場所 : <東京> 10/13(火) 9時~19時 フクラシア品川クリスタルスクエア 2FホールA
                    東京都港区港南1-6-41 JR品川駅港南口から徒歩8分
             <愛知> 10/15(木) 9時~19時 名古屋国際センター 別棟ホール
                    名古屋市中村区那古野一丁目47番1号 名古屋駅より徒歩7分
参加費      :  無料
定員        :  東京会場 200名、愛知会場 200名
※参加申込が多数の場合は厳正な抽選の上参加者決定させていただきます。
海外ゲストスピーカー  : 【ドイツ SAR Gröpler GmbH社; Stefan Käppler氏】
               【アメリカ IST Engineering社; James Pak氏】
(弊社業務提携先)  【イタリア FRANZOSI S.N.C.社; Andrea Carlo Franzosi氏】 ※同時通訳あり
海外制御メーカー : 【EPLAN(イープラン)】【HARTING(ハーティング)】
              【ABB(エービービー)】(スピーカー兼ブース出展社)【SIEMENS(シーメンス)】
              【BECKHOFF(ベッコフ) 】
※海外制御メーカーは7/31時点の情報です。今後増える事が予想されます。



4.お問い合わせ先
株式会社三笠製作所  TEL:0587-91-3661  担当:宮川・市川・栗田
                「制御盤世界カンファレンス」の詳細は、別紙をご参照下さい。
                専用サイト:http://www.seigyobann.com/conference 



UL認定工場の三笠製作所が開催する業界初の
【制御盤世界カンファレンス】とは?




1. 主催社の三笠製作所のご紹介

三笠製作所は、制御盤製造を35年以上おこなっており、実績・信頼を積み上げてまいりました。そしてこの春、 制御盤のUL規格であるUL508AのUL認定工場となりました。弊社は民間の中小企業でありながら、いち早く制 御盤の海外規格(UL・CEなど)対応に取り組んでまいりました。海外規格に適合した制御盤を設計・製作する のみでなく、日本から諸外国に機械装置が輸出されて以降の現地対応にもスピーディーで的確な対応を付加 価値サービスとしてお客様にご提供できるように欧州・北米の現地企業と多数業務提携をしております。今で は、その業務提携先は、欧米(ドイツ・イタリア)に5社、北米に2社、タイに1社、韓国に1社、合計9社となりま した。またドイツ・北米・シンガポールの3ケ所には営業拠点も設けています。


2. 制御盤世界カンファレンスの開催の目的
日本国内での機械制御装置の販売台数の減少が進み、日本の機械装置メーカーも海外への輸出を加速させ る一方、その機械制御装置は仕向地の規格対応が殆どできていないのが現状です。しかし現在から近い将来 にかけて国外出荷する機械制御装置も法令を遵守していくことが当たり前になります。法令遵守は企業の義務 であり、日本の製造業が世界で生き残るためにも必要不可欠です。その法令を遵守していくためには、日本の 機械制御装置メーカーに電機制御に関する世界標準規格(UL・CEなど)を正しく理解していただく事が重要に なります。その世界標準規格(UL・CEなど)を理解するきっかけとしてUL508Aの認定工場であり、北米・欧州 に多数業務提携先を持つ三笠製作所は、業務提携先のドイツ、イタリア、アメリカの制御盤メーカーの技術者 を日本に招集し、【制御盤世界カンファレンス】の開催を決定しました。各国の機械装置・電機制御の現状や、 今後の制御業界の動きやIOTやインダストリアル4.0、また日本企業に期待する海外のニーズなどの情報を入 手していただき、法令を遵守する為の知識を学ぶとともに、将来の企業戦略の策定などに役立ててもらうこと を目的としております。


3. 制御盤世界カンファレンス参加のメリット
・ 機械制御装置の仕向地の法令が学べる。
・ 機械制御装置の世界標準規格が学べる。
・ 欧州・北米の制御盤メーカーの技術者の生の声が聞ける。
・ 制御盤の今と近い将来の世界トレンドを知る事ができる。
・ UL・CEなどの制御盤の世界標準規格を学べる。
・ 制御の視点から機械装置の販路拡大の際に重要な要点が学べる。
・ 海外企業が日本の機械装置メーカーに求めている事が分かる。
・ 今後の海外への新たな営業戦略を立案・策定するきっかけが掴める。
・ IOTやインダストリアル4.0とは何かを学べる。
・ 海外の制御メーカーの最新情報のスピーチが聞け、会場内併設ミニ展示ブースの見学ができる。


4. 制御盤世界カンファレンスの特徴
・ 業界初のビックイベントであり、他には無い貴重なカンファレンスであること。
・ 他には無いビックイベントとでありながら、参加費が無料であること。
・ 海外の制御盤のプロが来日し、スピーチが生で聞けること。
・ 海外の有名な制御メーカーのスピーチが生で聞けること。
・ 会場内に海外の制御メーカーのミニ展示ブースを設け、見学できること。
・ 同時通訳が入り安心してご参加いただけること。


5. プログラム(東京会場・愛知会場共通)

9:00 受付
9:30 9:35 三笠製作所 代表取締役 石田繁樹より開会のご挨拶
9:35 10:15 ★主催社<日本制御盤メーカー>
【(株)三笠製作所】
営業技術部長
渡邊一生
10:20 11:00 ★海外ゲスト<イタリア制御盤メーカー>
FRANZOSI S.N.C.社】
Owner
Andrea Carlo Franzosi
11:00 11:20 展示ブース見学・休憩
11:20 12:00 ★出展社<ドイツ電気CADメーカー>
【EPLAN Software & Services(株)】
代表取締役
仁藤慎哉
12:05 12:45 ★海外ゲスト<ドイツ制御盤メーカー>
【SAR Gröpler GmbH社】
Engineer/Programmer
Stefan Käppler
12:45 13:45 展示ブース見学・昼食
13:45 14:25 ★出展社<ドイツオートメーション機器メーカー>
【ベッコフオートメーション(株)】
代表取締役社長
川野俊充
14:30 15:10 ★出展社<ドイツコネクタメーカー>
【ハーティング(株)】
代表取締役社長
能方研爾
15:10 15:30 展示ブース見学・休憩
15:30 16:10 ★海外ゲスト<北米制御メーカー>
【IST Engineering社】
代表取締役社長
James Pak
16:15 16:55 ★出展社<ドイツ制御機器メーカー>
【シーメンス・ジャパン(株)】
16:55 17:15 展示ブース見学・休憩
17:15 17:55 ★出展社<スイス制御機器メーカー>
【ABB(株)】
ビジネスディベロップメント
マネージャー
Alessandro De Danieli
17:55 18:00 閉会のご挨拶
18:00 19:00 展示ブース見学・解散

※現在未定のスピーカー情報は確定次第、下記WEBページにて公開してまいります。
  http://www.seigyobann.com/conference/
※カンファレンスの内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

ご相談はこちらから

  • 制御盤世界カンファレンス
  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 採用情報はこちら
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  川崎会場

    日時:2017年11月28日(火)
    場所:川崎市産業振興会館4F C展示場
       神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
    JR「川崎駅」より徒歩8分

    【午前の部】<第1部>11:00~12:30
    (受付開始 10:30~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:20~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
    ~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK