トップページ > プレスリリース

プレスリリース

 「サンディエゴ制御盤メーカーJFR Controls社」と「One Source Distributors社」の2社と業務連携

報道関係者各位
プレスリリース

2016年11月28日
株式会社 三笠製作所

国を越えて広がる町工場ネットワーク
『愛知の町工場がアメリカ西海岸南部の町工場と協業、北米サービス網強化へ』

〜「サンディエゴ制御盤メーカーJFR Controls社」と「One Source Distributors社」の2社と
UL508A認証制御盤メーカー三笠製作所が業務連携〜


制御盤設計・製造の株式会社三笠製作所(本社:愛知県犬山市 代表:石田繁樹 資本金:1,000 万円)は2016年9月9日にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴの制御盤メーカーJSR Control社(本社:1651 San Luis Rey Ave. Vista, CA 92084 USA代表:Joe Garcia)とOne Source Distributors社(本社:3951 Oceanic Dr, Oceanside, CA 92056 代表:Mike Smith)の2社と業務提携を行った。

昨今メキシコの国際的競争力に目を付けた各国の自動車メーカーの新工場開設ラッシュは過熱しており、報道にもあるように日本の自動車メーカー各社やそれに伴い生産に鋼板を必要とすることから製鉄メーカーも同様に新工場の稼働計画を進めているための提携となる。
この提携により三笠製作所の顧客である日本国内の機械装置メーカーが海外進出時に必要となる煩雑な北米の電気安全規格や安全回路の構築、制御プログラムなど、北米だけでなく中米エリアへのサービスが範囲を拡大しより強力なバックアップが可能となった。
さらに来春にはアメリカ北東部のペンシルバニア州のPanel Shop.com社とも提携する予定もあり、より広範囲でのバックアップ体制構築も視野に見据えている。


本業務提携により、三笠製作所の業務提携先はアメリカ4社、ドイツ3社、イタリア1社のワールドワイドな協業体制が構築されたことにより、2017年度から「人材交流プログラム」も開始する。
そのプログラムは、三笠製作所が採用をした人材を日本からアメリカ、ドイツ、イタリアの各業務提携先に派遣し数か月研修を行う。その後アメリカ~ヨーロッパ間で人材をローテーションさせ、"国際標準"の知識・技術・思想を持つ人材を育てる。

2017年1月からテストケースとしてドイツ人女性を採用し2か月のプログラムを実施する。その後ドイツ人女性スタッフをグローバル職員とし、2017年4月~9月からの間に本プログラムをスタートさせる。
本プログラムの実施は2013年からを準備しており、今冬開始となる。

背景として、ドイツが国を挙げて産官学で取り組む「Industrie4.0」、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)などの企業主体の連合が取り組む「インダストリアルインターネット/IIC」、さらには日本では無視されがちな「CE・ULといった国際標準」がある。その世界の大きな潮流に乗ることが、我が国のものづくり産業の発展には必要である。

三笠製作所は日本のファクトリーオートメーション制御の業界で最も"国際的に通用する人材を有する企業"となるための次の新しい一手を打とうとしている。



[会社概要]

■会社名 :株式会社三笠製作所
■資本金 :1000万円
■創業 :1978年5月
■設立 :1986年7月
■代表者 :代表取締役 石田繁樹
■事業内容 :各種設備の電装系の設計、製作、組付、調整、メンテナンス及び設備診断
エンジニアリング、制御盤海外規格サポートサービス
■従業員数 :25名

[本件に関するお問い合わせ]
株式会社三笠製作所 営業技術部長 渡邊一生
TEL:0587-91-3661 FAX:0587-91-3662
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8−3
E-Mail mikasa@mikasa-med.co.jp
http://www.mikasa-med.co.jp

ご相談はこちらから

  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 制御盤世界カンファレンス
  • 採用情報はこちら
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  愛知会場

    日時:2018年1月18日(木)
    場所:扶桑セミナールーム 
       (株)三笠製作所内
       愛知県丹羽郡扶桑町斉藤宮添166
    名神小牧インターからお車で10分、
    名鉄犬山線「扶桑駅」よりタクシーで3分

    【午前の部】<第1部>10:30~12:00
    (受付開始 10:00~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:00~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
    ~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK